カニ味噌はカニの脳じゃない!?知ってましたか!?

知っていましたか?美味しいカニ味噌の正体とは!

濃厚な味わいのカニ味噌は、ただでさえ美味しいカニの味を更に引き立ててくれます。
カニ味噌を使った、様々な料理があります。
どれだけカニ味噌が、人々から愛されているかが分かりますね。

 

例えば、カニ味噌グラタンやカニ味噌パスタというふうに、カニ味噌の味で勝負しています。
今回は、この皆さんから愛されている「カニ味噌」について、ちょっと掘り下げて検証してみます。

 

カニ味噌はカニの脳ではありません

 

カニ味噌という見かけとネーミングから考えると「味噌=脳味噌」と思いがちです。
でも、実はカニ味噌は脳味噌ではなく「肝臓と膵臓」なんですよ。

 

カニの臓器は分かれていないために、2つの臓器は「中腸線」と呼ばれています。
カニの甲羅をはずして見ると分かるのですが、中心からやや上の左右に黄土色の小突起があります。
これが、その中腸線なのです。

 

中腸線は、消化酵素の分泌、栄養素の蓄積・分解・吸収の働きをします。
食道と胃から栄養を吸収し、脱皮や生殖腺の活動に使われるのです。

 

カニ味噌が美味しい時期は?

 

中腸線の脂質は、季節によって異なることが分かっています。
ただ、卵巣の成熟前に増加し、卵巣が完熟期前に達したら減少するのです。
中腸線の脂質含量は、卵巣の成熟前に最大になります。

 

ですから、この時期のカニ味噌が一番美味しく味わうことが出来るのです。
逆に、脱皮する時は中腸線に蓄えられた脂質を使ってしまいます。
脱皮した後は、中腸線が痩せてしまって美味しいカニ味噌は殆ど残っていません。

 

どの種類のカニが、美味しいカニ味噌を食べられるの?

 

身が大ぶりのタラバガニですが、カニ味噌としては加熱しても固まりません。
さらに、味も悪いので食には向いていないのです。

 

やはり、美味しいカニ味噌を堪能するなら、ズワイガニと毛ガニでしょう。
特に、毛ガニのカニ味噌は通の間でも好まれています。
また、カニ味噌の色を見れば、そのカニが何を好んでたくさん食べて来たかが分かるのです。

 

冬のご馳走には、カニが一番良いです。
通の味、大人の味のカニ味噌を食べて、カニ料理に彩りを添えて下さいね。